債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 金利最高50%、プロミスが中国本土に参入

金利最高50%、プロミスが中国本土に参入

報道によると、消費者金融最大手プロミスが7月、国内勢では初めて中国本土に進出する。業界は規制強化などで存亡の危機に立たされているが、片や中国は消費者金融ビジネスの黎明(れいめい)期。

日本での「無担保無保証でお金を貸すノウハウ」が通用するかどうか注目される。

 プロミスは23日、中国・深セン(センは土へんに川)市で消費者金融を営む認可を当局から得たと発表した。完全子会社のプロミス香港が、深センの消費者金融会社に資本金の60%分にあたる3千万元(約4億円)を出資し、傘下に収めた。7月に営業を始める。

 中国本土では、消費を刺激して内需を拡大しようと「中国版消費者金融」が試験的に導入され始めている。深センに隣り合う香港に1992年に進出したプロミスは、昨年初めに深セン当局が外資にも門戸を開くルールを設けたのを受け、「少額貸付会社」として展開することを決めた。

 深センの人口1人当たりの国内総生産(GDP)は中国トップ級。プロミスは、月収8千元(約10万円)程度のホワイトカラーの中間層をターゲットに、無担保無保証ローンを「即日審査」で提供し、差別化を図る方針だ。交際費などで現金が急に必要になった勤め人らの需要を見込む。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融株主の叫び!!もう、国家賠償してもらうしかない」です。

次のニュースは「貸金業者の少額訴訟急増 東京簡裁に専従部門発足」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結