債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法、18日に完全施行 融資の総量規制導入

貸金業法、18日に完全施行 融資の総量規制導入

報道によると、改正貸金業法が18日、施行される。年収の3分の1超の
融資を原則禁止する「総量規制」を導入することや上限金利を現在の
29・2%から借入額に応じて15~20%に引き下げることが柱。


2006年12月の成立以来、貸金業者への規制強化策などが段階的に
施行されてきており、今回で完全施行となる。

 総量規制によって借りすぎや貸しすぎを防ぎ、
上限金利引き下げを通じて多重債務問題の解決を促す。

 総量規制は個人の借り入れに適用される。年収300万円の利用者は、
貸金業者から100万円を超える借り入れができなくなる。利用者の
借入残高は「指定信用情報機関」が管理。銀行など貸金業者以外の借り入れや
住宅ローンなどは規制の対象外。

 貸金業界は過払い利息返還請求が急増するなど経営環境が悪化。
完全施行で、借りられなくなった利用者から返還請求が増える可能性もある。

タグ:


ひとつ前のニュースは「商工ローンSFCG 元社長ら取り調べへ」です。

次のニュースは「貸金業者の倒産件数、09年は過去5年で最多、「改正貸金業法」完全施行後に一段の淘汰の可能性=帝国データバンク」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結