債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミス格付け、初の「投機的」に ムーディーズ

プロミス格付け、初の「投機的」に ムーディーズ

報道によると、 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは
28日、三井住友フィナンシャルグループ系の消費者金融最大手プロミスの
格付けを「Baa2」から、投機的とされる「Ba1」に2段階引き下げ、
見通しも「ネガティブ(弱含み)」とした。プロミスが投機的等級に
格付けされるのは初めて。

ムーディーズは格下げについて「収益や営業資産のさらなる低下が見込まれる」などと説明している。過払い利息返還の高止まりや6月の改正貸金業法の完全施行で、
業界を取り巻く環境は急激に悪化。信用力が相対的に高い銀行系消費者金融
に対する市場の見方も厳しくなっている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「大手消費者金融会社とATM提携の解消が続出」です。

次のニュースは「アイフル(8515)は東証1部下落率5位、プロミス格下げで 資金調達環境悪化を改めて警戒」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結