債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミスと三洋信販、希望退職者900名を募集、社員3割超の削減を計画

プロミスと三洋信販、希望退職者900名を募集、社員3割超の削減を計画

プロミス(東1:8574)は19日、同社と子会社の三洋信販で、計900名の希望退職者を募集すると発表した。

6月18 日に貸金業法の完全施行が実施されることが決定し、消費者金融事業はマーケットの縮小と、
金利規制による貸付利回りの低下で利益水準の低下が想定されるため、
事業構造改革の一環として大幅な人員削減に踏みきる。

2010年3月末日現在の両社合計従業員数は2680名で、
この3割超にあたる 900名の希望退職を募集する。募集対象は、
プロミスと三洋信販籍の従業員の内、2010年4月1日現在、
30歳以上58歳以下の正社員のほか、地域限定勤務の社員。
優遇措置として割増退職金を加算して支給するほか、
希望者に対して再就職支援会社を通じた再就職支援を行う。

応募者が募集人員に達した場合、2011年3月期には連結ベースで
特別損失75億円程度が発生する見込み。人件費は2011年3月期に38億円程度、
2012年3月期以降は75億円程度の減少が見込まれるという。なお、
同社は貸金業法の完全施行が業績に与える影響が不透明なことから、
今期予想は開示を控えている。【了】

タグ:


ひとつ前のニュースは「三菱UFJ:10年3月期の純利益3887億円黒字回復、アコムの連結が影響、株式の売却益計上などで損益改善」です。

次のニュースは「用語:改正貸金業法」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結