債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 4社がカード・信販6社の最終赤字か減益に

4社がカード・信販6社の最終赤字か減益に

報道によると、クレジットカード・信販大手6社の2009年度決算が14日出そろった。
4社の最終損益が赤字または減益となり、全社が減収にとどまった。改正貸金業法の本格施行を6月に控え、与信の厳格化などを進めたため、キャッシング収益が落ち込んだ。

セディナが14日発表した10年3月期の最終損益は、678億円の赤字となった。キャッシング収入の減少で2ケタの減収になったほか、過払い金の返還に備えた損失引当金の積み増しが響いた。

 みずほフィナンシャルグループの持ち分法適用会社となるオリエントコーポレーションは、オートローンの低迷などで減収減益となった。新生銀行傘下のアプラスフィナンシャルも赤字に転落した。

ジャックスはコスト削減が効き、唯一の最終増益となった。クレディセゾンも関係会社の事業整理損失がほぼなくなり、黒字に回復した。ただ2社とも減収に終わり、収益環境の厳しさが浮き彫りとなった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融、大幅減収 独立系は生き残りへ正念場」です。

次のニュースは「三菱UFJ:10年3月期の純利益3887億円黒字回復、アコムの連結が影響、株式の売却益計上などで損益改善」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結