債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフル:10年3月期、最終赤字2951億円、利息返還請求や資金調達面での環境悪化

アイフル:10年3月期、最終赤字2951億円、利息返還請求や資金調達面での環境悪化

事業再生ADR手続が成立しているアイフル(東・大1:8515)が
12日に発表した2010年3月期の連結決算は、純損益が2951億円の赤字だった。

前期は42億円の黒字。利息返還請求や資金調達面での環境悪化により、
同社は09年9月24日に事業再生ADR手続を申請し、同年12月24日に手続が成立している。
営業店舗の大規模な統廃合や2100名の人員削減などで財務体質の改善に取り組んでいる。

営業収益は前期比30%減の2181億円、営業損益は2652億円の
赤字(前期は74億円の黒字)、経常損益は2641億円の赤字(同86億円の黒字)だった。

2011年3月期の連結業績予想によると、営業収益は前期比35%減の1408億円、
営業利益は119億円、経常利益は123億円、純利益は28億円と、
それぞれ黒字転換する見通しとしている

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士、不動産の殆どを売却へ 資金繰り悪化」です。

次のニュースは「消費者金融大手4社の決算出そろう 資金繰りに差も」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結