債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士、不動産の殆どを売却へ 資金繰り悪化

武富士、不動産の殆どを売却へ 資金繰り悪化

報道によると、11日、消費者金融大手の武富士は東京都新宿区の本社を除く
ほとんどの不動産や貸付債権の一部を入札方式で売る方針を発表した。

資金繰りが厳しくなっており、現金の確保を急ぐ。売却に備えて約200億円の
評価損を計上するため、2010年3月期の連結純利益予想を130億円から
45億円に下方修正した。

 不動産や債権の譲渡時期は5月末の予定で、いくらの現金を調達できるかは
確定していない。売却する不動産には、東京都心や京都市内の土地も含まれるが、
不動産市況の低迷で損失計上が避けられない。

 消費者金融業界の経営環境は、過払い利息の返還負担や規制強化で悪化している。
メーンバンクの後ろ盾がない武富士の資金繰りは厳しく、
当面の資金調達の可否や規模が注目されていた

タグ:


ひとつ前のニュースは「新生銀行:10年3月期の純損益、黒字予想から一転、1401億円の赤字に下方修正、過払い利息返還に対する引当金の追加計上」です。

次のニュースは「アイフル:10年3月期、最終赤字2951億円、利息返還請求や資金調達面での環境悪化」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結