債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 改正貸金業法の完全施行決定うけ、クレ・サラ110番を実施

改正貸金業法の完全施行決定うけ、クレ・サラ110番を実施

報道によると、政府が改正貸金業法の6月18日からの完全施行を閣議決定したことをうけ、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(東京都千代田区)は27、28の両日、「総量規制110番・借りられなくなった人110番」を行った。
 

「110番」には「完全施行後、年収の3分の1を超える債務が残るが、一括返済を迫られないか」「過払い金返還はどのようにすればいいのか」などの問い合わせが寄せらたという。
 同法の完全施行で、上限金利は29・2%から利息制限法の20~15%に引き下げられ、貸付総額は年収の3分の1以下に抑える総量規制が導入される。

タグ:


ひとつ前のニュースは「多重債務相談が効果 過払い利息返還を手助け /兵庫」です。

次のニュースは「借り換え不当と消費者金融を提訴:滋賀県内の23人」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結