債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士の混沌~加速度を増す迷走ぶり

武富士の混沌~加速度を増す迷走ぶり

報道によると、上限金利の見直しが、零細金融にとっての繋ぎ資金を工面するノンバンクを潰している。

最高裁判決でグレーゾーンの金利が否定され、過払い返還請求は日常のこととなった。武富士が、資金繰りから営業債権の売却と本社不動産を売却しようとしている。現在、格付CCの武富士。ひとつ間違えば管理ポスト行きで、上場廃止もありうる未曾有の危機を迎えている。

 2009年に窓口での貸し出しを停止している武富士。07年に業界のシンボル的存在であった創業者・武井保雄氏を失い、経営はさらに悪化。08年に株価変動に対応する前倒し返済型の転換社債を発行したが、株価下落が止まらず巨額の前倒し返済を6月に控えている。

 6月には最大約700億円の返済予定で、交渉の結果、約250億円減額した。

 危機を乗り切るために債権の売却を進め、一方では不動産を担保に資金繰りも検討した。しかし、2010年に入って様相は一変。すべて宙に浮き破滅の道をひた走る姿勢に変わったと社内から悲鳴があがっている。

 金融庁は武富士が売却準備した債権の内容に注目している。

 3月23日に債券売却のための価格提示入札を行なったときの債権の内容が問題だというのだ。つまり、134億円の債権の売却を目指して入札させたが、そこに90億円分、簿内の過払い対象債権、つまり和解していない過払い請求がくるであろう債権が含まれていたのである。

 3月23日の入札は未決定のまま、簿外債権も簿内債権も過払い対象債権も土地・不動産もすべて売却ということでは、会社を終息にむけて舵取りしているということだと、武富士幹部もアドバイザーで入っているトレーダーズ証券の関係者も証言する。

 その証拠が不動産である。4月2日の役員会で武井健晃副社長が不動産の売却を承認。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アコム、連結最終赤字73億円 10年3月期」です。

次のニュースは「総量規制控え整理決断~改正貸金業法」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結