債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 新生銀行・あおぞら合併白紙撤回

新生銀行・あおぞら合併白紙撤回

報道によると、2010年10月にあおぞら銀行との合併を予定していた新生銀行が、10年3月期に1000億円規模の連結最終赤字に陥る見通しになった。

これを受けて両行は合併を白紙に戻す方針を固め、今後は営業面で業務提携することで、合併を主導してきた金融庁の顔を立てたい考えだ。09年7月の合併基本合意以来、迷走してきた両行の統合交渉は、破談の正式発表に向けカウントダウンに入ったとの見方が強まっている。

新生銀は10年3月期に100億円の連結最終黒字を予想していたが、09年11月からの金融庁検査で、不動産関連融資や消費者金融子会社の過払い利息返還に関する引き当て不足を指摘された模様。09年3月期の約2400億円の最終赤字に続き、2期連続で損失を計上する見通しとなった。新生銀巨額の赤字を計上が影響か。

新生銀は国から投入された公的資金の返済が約2200億円残っており、業績が2期連続で計画を3割以上下回れば、国から経営責任を問われる。

当麻氏はヘッドハンティング会社を通じ、3月にトップ就任の打診を受けた。
周辺によると、すでに単独での生き残りを目指して経営戦略を描き始めているようだ。

だが、新生銀、あおぞら銀とも収益力や資金調達力に不安が残り、
「単独での生き残りは厳しいと言わざるをえない」(日銀筋)。両行と
も新たな統合相手探しに関心を示しているといい、再編劇の幕が再び上がる
可能性もある。

タグ:


ひとつ前のニュースは「10年3月期 アコム、連結最終赤字73億円 」です。

次のニュースは「アコム、連結最終赤字73億円 10年3月期」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結