債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 多重債務 町田市が救済 弁護士や司法書士と連携

多重債務 町田市が救済 弁護士や司法書士と連携

報道によると、 町田市は今月から、町田弁護士クラブ、東京司法書士会町田支部と連携して、
多重債務者の救済に取り組んでいる。弁護士や司法書士と多重債務者が確実に面談して問題解決に近づけるよう、市が支援する。

 市の消費生活相談員が多重債務の相談を受けた場合、弁護士や司法書士などの専門家に救済策を仰ぐべきかどうかをまず判断。専門家と面談すべきケースで相談者側の同意も得られたときは、消費生活相談員が電話で予約し、担当の弁護士らが決まり次第、相談者に連絡する。その後も必要に応じて相談者を支援していく。

 これまでは市消費生活センターが相談できる機関を案内してきたが、実際には相談者本人が相談に出向かず救済につながらないケースがあった。通常は弁護士や司法書士への相談には所定の費用がかかるが、同センターの紹介を受けると、相談料が初回のみ無料になる。

 市は実施に当たって、町田弁護士クラブと東京司法書士会町田支部とそれぞれ覚書を交わした。

 同センターによると、二〇〇八年度の消費者金融などによる多重債務の相談は延べ二百四件で、全相談の6・4%を占めている。問い合わせは、同センター=(電)042(725)8805=へ。 

タグ:


ひとつ前のニュースは「新生銀が業績下方修正、最終損失1000億円規模へ」です。

次のニュースは「貸金業法改正で消費者金融崩壊」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結