債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 新生銀が業績下方修正、最終損失1000億円規模へ

新生銀が業績下方修正、最終損失1000億円規模へ

報道によると、新生銀行の2010年3月期の連結当期損益が1000億円規模の赤字に陥る見通しとなった。従来予想は100億円の黒字で、09年3月期に続き2期連続の赤字になり、金融庁から業務改善命令を受けることになる。
 

新生銀の不動産ノンリコースローン残高は約9000億円あり、追加引き当てや減損処理を実施するのが主因。そのほか、消費者金融子会社の過払い利息返還に対する引き当ても積み増す。

 金融庁が公的資金注入行に対して課している収益目標に2期連続で未達となるため、同庁から業務改善命令を受ける。八城政基会長兼社長は退任する方向で、外部から会長と社長を招く方向で調整している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「金融庁信用情報とは認めず、「過払い金返還請求」の記録」です。

次のニュースは「多重債務 町田市が救済 弁護士や司法書士と連携」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結