債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > ヤミ金融利用の実態

ヤミ金融利用の実態

報道によると、 消費者金融などの貸金業者を利用した4人に1人がヤミ金融の利用は仕方がない」と回答していたことが9日、大阪府が利用者500人を対象に実施した調査で分かった。 

調査によると、現時点での借入額で、年収の3分の1以上を借りている利用者はほぼ半数。一方、借り手の年収の3分の1を超える新規融資を原則禁止する「総量規制」導入などを含む改正貸金業法が
6月に完全施行されることについて、利用者で「改正の中身を含めよく知っている」のは1割以下にとどまり、今後、登録業者からは借りたくても借りられない問題が生じる恐れがある。

府は「生活再建に向けた相談体制の拡充が必要」と指摘している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ピーク時の13分の1、大阪府の登録貸金業者」です。

次のニュースは「金融庁信用情報とは認めず、「過払い金返還請求」の記録」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結