債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 労金が導入を検討、自己破産者への融資

労金が導入を検討、自己破産者への融資

報道によると、7日、全国労働金庫協会が、改正貸金業法が完全施行される6月以降、自己破産を申請する人などを対象とした新たな融資制度の導入を検討していることがわかった。

 

完全施行で消費者金融などからの借り入れが難しくなることから、生活困窮者の資金繰りや生活再建を支援するのが狙いだ。

 同協会の傘下にある全国13の労働金庫の一部は、既に自己破産者を含む多重債務者向けのローンを供与しているが、すべての労金で共通の制度を新設する協議を進めている。民間企業の労働組合や
その組合員など約18万の労金会員以外にも門戸を広げる見込み。

 完全施行で借入を年収の3分の1までに制限する「総量規制」が導入されれば、自己破産者の増加など、借り手への影響が懸念されている

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正貸金業法:「総量規制」認知は3割だけ--業界団体アンケート」です。

次のニュースは「ピーク時の13分の1、大阪府の登録貸金業者」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結