債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミス、信頼回復へ双方向性カメラや一顧客一担当制導入へ

プロミス、信頼回復へ双方向性カメラや一顧客一担当制導入へ

消費者金融最大手のプロミスは11日、無人店舗への双方向カメラの導入や、顧客ごとに担当を決める「一顧客一担当制」の導入による事業強化策を検討していることを明らかにした。

窓口での直接的な顧客対応がなくてもサービス水準を維持する狙いがある。

プロミスは、今秋までに全国148の有人店舗を撤廃。これに伴い、音声だけだった無人店舗の自動契約機でも「顔の見えるサービス」を目指し、社員の顔が映し出されるモニター画面設置を検討している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融株が軒並み高、業種別指数の値上がり率ランキン2位」です。

次のニュースは「日弁連次期会長、弁護士増員に反対の宇都宮氏に。異例の再投票 」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結