債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 専業主婦への融資を6月以降中止~大手消費者金融

専業主婦への融資を6月以降中止~大手消費者金融

報道によると、6日、プロミスなど消費者金融大手が、6月以降、改正貸金業法の完全施行が予定されている収入のない専業主婦(主夫)への貸し付けを中止する方針を固めたことが分かった。

改正貸金業法では借り手の年収の3分の1超の融資を禁じる「総量規制」が導入される。専業主婦の場合、複数の書類を提出しなければならず、各社は顧客対応の事務処理が増え、コストに見合わないと判断した。

 多重債務者の減少につながる半面、専業主婦は小口であってもお金が借りにくくなるなどの問題も出そうだ。

 プロミスやアコム、アイフルは既に、専業主婦への貸し出しを縮小。武富士も専業主婦への融資には慎重な姿勢を示している。

 総量規制では顧客の返済能力を把握するように義務付けており、借り手から年収を証明する書類を取得しなければならない。専業主婦の場合は、配偶者の同意書に加え、年収の源泉徴収票など
所得証明や婚姻証明が必要となる。

タグ:


ひとつ前のニュースは「メガバンクが積極的な宣伝活動」です。

次のニュースは「貸金業者の寡占化一段と、7割が貸付停止も」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結