債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業運用で見直し議論

貸金業運用で見直し議論

報道によると、金融庁は3日、貸金業制度に関するプロジェクトチームを開催し、過払い金返還手続きで、弁護士や司法書士が得ている報酬額の見直しや、セーフティーネット貸付、ヤミ金融の対策などが議論になった。

PTは6月に予定する改正貸金業法の完全施行を前提に、運用面の
環境整備を検討するため昨年11月に発足。これまでは下部組織の作業部会で、
有識者からのヒアリングを10数回にわたり行ってきた。

 完全施行では、融資残高を収入の3分の1までとする総量規制が導入され、
一部の個人事業主や主婦など借りれなくなる顧客が出るとの指摘が出ている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「鳩山首相意見交換会参加、年度末の企業資金繰りで金融機関に努力要請」です。

次のニュースは「メガバンクが積極的な宣伝活動」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結