債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 鳩山首相意見交換会参加、年度末の企業資金繰りで金融機関に努力要請

鳩山首相意見交換会参加、年度末の企業資金繰りで金融機関に努力要請

報道によると、鳩山由紀夫首相は2日、金融業界の代表者らとの意見交換会で、年度末の企業の資金繰りについて、さらなる努力をお願いすると要請した。

閣僚と金融機関代表者らの意見交換に首相が出席するのは異例。

鳩山首相は、金融機関の協力で年末を乗り切れたとした一方で、
同法を「亀井法」と呼ぶなどし、同席した亀井担当相を持ち上げた。

亀井担当相は、6月に施行予定となっている改正貸金業法の
見直し検討作業の進ちょくにも触れ「(改正業法の)
運用においてどういう点を猶予し、どういう点をきっちりやって
混乱起きないようにしていくか、最終の詰めをしている」と説明した。消費者金融の現状について「民間金融機関が残念ながら果たしていない隙間を、消費者金融が果たしているのも厳然たる事実」との認識を示し、グループ会社や資金供給などで関係する主要行などに対しても
「(運用で)どうすればいいのか、提言を是非いただきたい」と要請した。


 一方、同席した直嶋正行経済産業相も、中小企業向け金融に関連し、
金利の引き下げや新規融資への積極対応を要請した。

 この意見交換会には、金融機関側から、
永易克典全国銀行協会会長(三菱東京UFJ銀行頭取)、
小川是全国地方銀行協会会長(横浜銀行頭取)のほか、第二地方銀行協会、
全国信用金庫協会、全国信用組合中央協会など、関係団体の代表が出席した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「運用見直し議論本格化へ-改正貸金業法」です。

次のニュースは「貸金業運用で見直し議論」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結