債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 「脱・サラ金」に照準、消費者金融の正念場

「脱・サラ金」に照準、消費者金融の正念場

報道によると、最後通告に等しい貸金業法の完全施行(今年6月予定)が刻々と近づく。

貸付金利引き下げや、借り手の年収の3分の1を与信上限とする総量規制の導入。過払い利息返還という負の遺産処理もさらに増えかねない。

大手のアイフルが私的整理の一種である事業再生ADR活用で再生に踏み切り、アコムでは大幅なコスト削減を急いでいる。

 アコムは昨年末、希望退職を実施したものの、応募者数が会社計画を大きく下回った。「プロミスも人員削減は容易でないだろう」というのが競合他社の一致した見方である。
 苛烈な施策は10年度から本格的に実行する。ただ、貸金業法の完全施行に伴い収益力の低下が避けられない。

過払い利息返還も絶えない中で、店舗除却や希望退職に伴うリストラ費用がかさむ。いきおい10年度は大幅な赤字転落も否定できない。会社に残った社員らに動揺が走ることも予想される。

タグ:


ひとつ前のニュースは「3月中に改正貸金業法の運用で方向性出す~亀井金融相 」です。

次のニュースは「運用見直し議論本格化へ-改正貸金業法」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結