債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 3月中に改正貸金業法の運用で方向性出す~亀井金融相 

3月中に改正貸金業法の運用で方向性出す~亀井金融相 

報道によると、23日、亀井静香金融相は閣議後の記者会見で、6月に予定している改正貸金業法の完全施行に関連し、金融庁が進めている運用面の検討について3月をめどに方向性を提示する意向を明らかにした。

改正貸金業法について金融庁は昨年11月、プロジェクトチーム(PT)を立ち上げ、有識者からの意見聴取を中心に計13回の会合を開催してきた。

PTからの中間報告について、規制強化によって融資を受けられなくなる顧客への対応など、細部を詰める方針を示した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ヤミ金が増殖~お金を借りられないの人受け皿に」です。

次のニュースは「「脱・サラ金」に照準、消費者金融の正念場」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結