債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融業界は厳しい冬が続く、改正貸金業法、迫る全面施行

消費者金融業界は厳しい冬が続く、改正貸金業法、迫る全面施行

報道によると、消費者金融大手4社の2009年4~12月期連結決算が12日、出そろった。武富士を除く3社の最終損益が減益・赤字に。顧客が過去に払い過ぎた利息の返還を求める過払い利息返還請求額が高止まりし、重荷となっている。

 

6月には貸出金利の上限引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法の全面施行が控えており、先行きは一層厳しくなりそうだ。

最終損益は、アコムも前年同期比約9割減に追い込まれた。過払い利息返還請求に備え、引当金を大きく積み増したことが響いた。アコムとアイフルは通期で最終赤字を予想している。前期に引当金積み増しを済ませたプロミスや武富士は、通期で最終黒字を確保する見通し。

 ただ、改正貸金業法により、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1までとする「総量規制」が6月に施行されることに対応。各社とも審査を厳しくし融資を絞り込んだことから、営業収益は全社で減収となった。

来期も厳しい状況は続きそうで、総量規制と上限金利引き下げは、無担保と引き換えに高金利で貸出してきた業界のビジネスモデルを根底から揺るがす。総量規制が実施されれば、現在の利用者の半数は借りられなくなる見込みで、さらに追加貸出を受けられないことによる貸し倒れ増加も懸念されている。

これに対し、最大手のプロミスは、1月に希望退職などで社員の3割削減と有人店舗の全廃を発表。人員についてはアイフルも半減、アコムや武富士も2~3割削減を決めている。 

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融3社は09年4~12月、最終減益・赤字と厳しい状況、」です。

次のニュースは「滋賀県:武富士提訴 県税滞納者の過払い請求」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結