債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 金利と総量の同時規制は困難、改正貸金業法の見直し配慮に注目

金利と総量の同時規制は困難、改正貸金業法の見直し配慮に注目

報道によれば、景気回復の遅れを理由に、6月に完全施行される改正貸金業法に対し、見直しや延期を求める声が高まっている。

改正法の上限金利が15~20%と主要国に比べて低いほか、海外では融資額に収入制限を設ける総量規制の例がないため。

改正貸金業法で定める15~20%の上限金利だと、消費者金融が利益を確保するのは難しいという。

 プロミスが社員を30%削減、対面営業店を全廃するなど、大手各社がこぞって大規模なリストラに踏み切っているのは、固定費を下げて収益を出すしかないことが背景にある。

 過払い金請求はやまず、改正貸金業法による規制強化で、市場規模の大幅な縮小も予想される。消費者金融業者の資金調達先である社債市場や、大手銀行の経営への影響も大きい。

 金融庁が昨年11月から始めた、改正貸金業法に関するプロジェクトチームは、12回の会合を開き、有識者からのヒアリングも行った。景気に配慮した見直しが注目される

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融の利用者のうち約半数が総量規制に該当」です。

次のニュースは「アイフル、純損益は2838億円の赤字。事業再生計画を確実に履行方針」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結