債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 日弁連会長選で宇都宮氏が猛追、動向見守る、消費者金融界

日弁連会長選で宇都宮氏が猛追、動向見守る、消費者金融界

報道によると、立候補している非主流派の宇都宮健児氏が猛追しているため、2月5日投開票の日本弁護士連合会の会長選挙が過熱している。

宇都宮氏は「年越し派遣村」の名誉村長を務めるなど貧困問題で有名だが、消費者金融における過払い金返還請求のパイオニアであり、貸金業法の改正においても中心的な役割を果たした。
会長になれば、消費者金融に対する規制の強化へと動くことも考えられるだけに、消費者金融業界も注目している。

このほかに立候補したのは山本剛嗣氏のみ。これまでは主流派候補が勝利を収めてきたことから従来路線を継承する山本氏の圧勝かと思われていた。

 もし宇都宮氏が会長に就任すれば、消費者金融業界にとって脅威となるのは間違いない。宇都宮氏はかねて、「消費者金融は過払い金を自主的に返還すべき」と主張している。ほぼすべての消費者金融が倒産に追い込まれるくらいの危機となるという。

5日の夜に結果が出る。

タグ:


ひとつ前のニュースは「プロミス:グループ従業員3割削減…リストラ計画」です。

次のニュースは「アコム:今第3四半期、純利益92%減、営業貸付金利息が減少し減収減益に」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結