債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 「従業員3割減」報道も影響 プロミスが大幅高 買い戻しが優勢、

「従業員3割減」報道も影響 プロミスが大幅高 買い戻しが優勢、

報道によると、プロミスが前場に前日比69円高の987円まで上昇する場面があった。
前場は株式相場全体の下げ止まりが意識され、見直し買いや売り方の買い戻しなどが
優勢になったとの見方が多い。

2010年度末までにグループ全体で従業員を3割超減らす方針を固めたとの報道も、現時点では事業環境の厳しさより経営体質の改善につながると前向きに受け止められているようだ。

 武富士やアコムなど消費者金融株は全面高となっていて、業界全体にまとまった買いが入っている面もある。過払い利息の返還請求が終息に向かっているわけではなく、今後も経営環境は厳しいと、株価上昇は続かないとの見方が強いとされている。
後場は日経平均が下げ足を速めていることを受け、売りも徐々に目立ってきている

タグ:


ひとつ前のニュースは「「三洋信販を吸収合併」の報道に「決定した事実ない」とコメント、日経は「再編で効率化目指す」と報道」です。

次のニュースは「消費者金融アコム、金融危機後初となる1年7カ月ぶり250億円の社債発行」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結