債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 多重債務防止が目的の総量規制はヤミ金融に流入の問題を生む?

多重債務防止が目的の総量規制はヤミ金融に流入の問題を生む?

報道によると、2007年12月から段階的に施行されてきたローン利用者に年収制限を設ける総量規制は、改正貸金業法の最終段階。多重債務防止が目的であるが、利用者が追加借り入れできなくなれば大きな混乱も懸念される。 

日本貸金業協会が09年8月に実施した調査によると、ローン利用者約4,000人のうち
50%が年収の3分の1以上の借り入れがあるという。
また、会員の貸金業者に『完全施行の影響を受けそうな個人』をヒアリングした結果、
業者の60%以上が(1)自営業、(2)主婦、(3)非正規社員、(4)年収400万円未満、などを
挙げていることが分っている。
 このようななか、貸金業者から借り入れを受けられない人が違法なヤミ金融に流れると
いった懸念など、「副作用」を指摘する向きも多い。

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正貸金業法、完全施行後に向けて」です。

次のニュースは「過払い請求実績の記録を信用情報に反映させない方針を決定」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結