債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 大手消費者金融4社を中心とした貸金業界の行方~武富士、アコム、プロミス、アイフル

大手消費者金融4社を中心とした貸金業界の行方~武富士、アコム、プロミス、アイフル

報道によると、改正貸金業法の施行により、貸金業界の資金供給機能が大きく低下しており、個人向け無担保ローン残高は、2007年4月末の14兆7,912億円から09年10月末には10兆3,936億円。約2年半で約4兆4,000億円(約30%)減少しているという。

 また法改正前の06年6月、武富士、アコム、プロミス、アイフルの大手消費者金融4社の成約率(新規契約数/新規申込数)は62%だったが、09年9月は32%と半減状態となっている。 貸金業者数も激減。これまでに業法改正で、(1)財産的基礎要件の強化、(2)貸金業務取り扱い主任者の国家試験化、(3)取り立て行為規制の強化、などが求められ、対応できない中小規模業者の廃業が増加。貸金業登録事業者数は、07年3月末の1万1,832社から09年10月末には4,752社まで減少している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「東京地裁、09年2万件に~過払い金返還訴訟、急増 」です。

次のニュースは「改正貸金業法、完全施行後に向けて」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結