債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 東京地裁、09年2万件に~過払い金返還訴訟、急増 

東京地裁、09年2万件に~過払い金返還訴訟、急増 

報道によれば、9日に東京地裁は、利息制限法の上限(15~20%)を超える金利を支払ったとして、
多重債務者らが消費者金融などに過払い分の返還を求める訴訟が東京地裁で急増し、昨年は提訴が推計約2万2千件と、通常訴訟全体(約3万9千件)の半数を占めたことがわかったとしている。
 

調査によると、過払い金返還請求が大半を占める「不当利得返還請求訴訟」は
04年は約2100件。交通や知財訴訟を除いた通常訴訟の提訴数2万8176件の1割以下だった。

 しかし、06年の最高裁判決が、利息制限法の上限と出資法の上限(29・2%)との
間の「グレーゾーン金利」を事実上認めない判断を示し、返還請求が急増。
不当利得返還請求は08年は通常訴訟3万8716件中、約1万2900件になった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い金の配当受け取れず国に賠償提訴」です。

次のニュースは「大手消費者金融4社を中心とした貸金業界の行方~武富士、アコム、プロミス、アイフル」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結