債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフル、ADR成立の公算大に~24日に債権者会議

アイフル、ADR成立の公算大に~24日に債権者会議

報道によると、24日、私的整理「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」で経営再建を目指す
消費者金融大手のアイフルは債権者会議を開催し、債務の返済猶予を盛り込んだ計画案が決議される見通しとなった。

一部債権者に否決される恐れもあったが、アイフルは反対する債権者への対応策として債権買い取りを決定し、ADR成立の公算が大きくなっている。

9月24日、約2800億円に上る借入金の返済先送りを求め、ADRを申請したアイフル。債権者会議での金融機関からの要望を受け、早期返済額の上積みや、メインバンクの住友信託銀行による融資枠設定などが計画案に加えられた。
 しかし、12月1日、外資系証券1社が「自社の債権をアイフルが買い取らなければ、計画案に同意しない」と表明。債権者が1社でも同意しなければADRは成立しないため、アイフルは最終的に上限50億円の買い取り入札を実施することになった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「米格付け会社 武富士を2段階格上げ~財務内容改善により」です。

次のニュースは「消費者金融の倒産が過去最多、08年度は85%の企業が減収に、さらなる市場縮小が懸念される=帝国データバンク」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結