債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法完全施行の波紋―中小貸金業者には厳しい現実

貸金業法完全施行の波紋―中小貸金業者には厳しい現実

報道によると、貸金業法は来年6月に完全施行が予定されている。2007年の施行以降、段階的に規制強化されており、今年6月には貸金業者の最低純資産額引き上げなども始まった。
早くもその影響は貸金業者と借り手に出始めている。

最低純資産引き上げで中小貸金業者は窮地に陥っている。
ロプロが今年11月に破綻。背景にあるのは過払い利息返還請求増大に加えて、2007年12月に施行された貸金業法。ロプロのような商工ローンや消費者金融業者の貸し出し能力は改正法による規制強化の影響で著しく後退。借り手にとってもおカネを借りられない状況が強まりつつある。

貸金業法施行の影響は大きい。施行後には
(1)借り手の年収3分の1を貸付上限額とする総量規制導入、
(2)貸付金利を利息制限法上限金利(年20%)まで引き下げ、
(3)貸金業者の最低純資産額を5000万円に制限、などが実施される。

最低純資産額の引き上げは中小貸金業者を続々と廃業に追い込みかねない。中小企業の資金確保の手段はさらに狭くならざるをえないであろう。

業界に不安が広がりつつある11月末。
霞が関の金融庁に貸金業界や弁護士会の代表者らが一堂に集った、
「貸金業制度に関するプロジェクトチーム」(座長・大塚耕平内閣府副大臣)の第1回会議が行われた。

貸金業界では厳しい現実を訴え施行延期を期待。
一方、弁護士会などは完全施行を強く推した。

完全施行の日は刻々と近づいている。完全施行となるか、
それとも延期となるか。政府は究極の選択を迫られている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「丸善商事に集団提訴-違法貸し付けに計2800万円の損害賠償~奈良県葛城支部」です。

次のニュースは「米格付け会社 武富士を2段階格上げ~財務内容改善により」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結