債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 丸善商事に集団提訴-違法貸し付けに計2800万円の損害賠償~奈良県葛城支部

丸善商事に集団提訴-違法貸し付けに計2800万円の損害賠償~奈良県葛城支部

報道によると、11日、奈良県葛城市の貸金業「丸善商事」が超高金利で違法に金を貸したとして、県内の借り主40人が経営者ら3人に計2800万円の損害賠償を求めて、奈良県葛城支部に集団提訴した。

訴状によれば、丸善商事は大和高田、葛城、御所の3市に住む生活保護対象者や年金の受給者らに対し、10万円を貸し付けた上、10回に分けて計16万円を返済させるなどして、出資法の制限利率を上回る超高金利を受け取った。また、経営者らが借り主の預金通帳やキャッシュカードを預かり、脅迫するなど違法な取り立てをしたとしている。

 丸善商事が契約書や領収書を発行しないため、借り主1人当たりの被害額を一律70万円とした。
元金と法定利息を差し引いた残額ではなく、借り主が返済した全額の賠償を求めている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフル、債権の買い取りを検討 金融機関から」です。

次のニュースは「貸金業法完全施行の波紋―中小貸金業者には厳しい現実」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結