債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 大手消費者金融4社苦境~アイフルの事業再生ADRが難航の可能性も

大手消費者金融4社苦境~アイフルの事業再生ADRが難航の可能性も

報道によると、大手消費者金融4社の経営状況が厳しさを増している。
経営再建を目指すアイフルが進めいている、私的整理「事業再生ADR(裁判外紛争解決)」の手続きを巡り、取引金融機関の一部が債権買い取りを要求したことが判明。

手続きの成立が難航する可能性が出てきたという。

再建案を実行する見返りに、約70の取引金融機関に
債務の返済猶予を要請していた。今月1日に第2回債権者集会を開催。
24日に成立の賛否を問う予定。

武富士は資金繰りを優先し、融資を意識的に絞り込む方針。

過払い金返還が重荷となるなかで、
収益源となる融資も伸ばしにくいという悪循環に陥っている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフルの水準も下回る、武富士が貸し付けほとんど停止」です。

次のニュースは「武富士が苦境~金融市場からの資金調達のパイプを閉ざされ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結