債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフルの水準も下回る、武富士が貸し付けほとんど停止

アイフルの水準も下回る、武富士が貸し付けほとんど停止

報道によると、消費者金融の武富士が11月以降、過払い利息の返還や信用力の低下などで資金繰りが悪化したため、顧客に対する貸し付けをほとんど停止していることがわかった。

武富士の11月の営業貸し付け(新規と追加の合計)は約15億円とのことで、11月に急減した。
当面この水準を保つ計画を立てている模様だ。

 武富士はかつては業界首位で、最盛期には約880億円を貸していた月もあった。
貸し付けを抑えれば収益減や顧客離れを招くが、手元資金が温存され、当面の資金繰りにはプラスになる。

9月に私的整理に入ったアイフルの10月は35億円だったが、武富士はこの水準も下回った。

 消費者金融業界は、利息制限法の上限を超える「グレーゾーン金利」で取っていた過払い利息の返還に加え、規制強化、金融危機で経営が悪化。独立系の武富士、アイフルは信用力で劣るため厳しい状況だ。

来年6月までに完全施行される改正貸金業法では、「総量規制」が始まる。このため、業界全体でも、消費者向け無担保貸付残高は前年同月比15%程度のペースで毎月減り続けている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融の周囲環境が厳しい、資金調達や支援の可能性が重要に」です。

次のニュースは「大手消費者金融4社苦境~アイフルの事業再生ADRが難航の可能性も」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結