債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融の周囲環境が厳しい、資金調達や支援の可能性が重要に

消費者金融の周囲環境が厳しい、資金調達や支援の可能性が重要に

報道によると、国内消費者金融業の周囲の事業環境が厳しくなってきている。

改正貸金業完全施行への対応による収益の低下、利息返還の高止まり、
社債発行が困難ななか、信用力を評価されるためには、
新規の資金調達や、債務借り換えの実行可能性、グループからの支援の可能性などがより重要なファクターとなってきている。

 大手4社(アイフル、アコム、武富士、プロミス)の2009年4~9月の営業収益合計は前年同期比
20.9%減少。銀行グループに属さない、「独立系」のアイフル、武富士の営業収益、営業貸付金残高がともに約3割減少した一方、「銀行系」のアコム、プロミスではいずれも約1割にとどまり、資金調達力の差が資産規模や収益力の差にも結びついている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正法完全施行に向け、貸金業についてPT初会合 」です。

次のニュースは「アイフルの水準も下回る、武富士が貸し付けほとんど停止」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結