債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフルの再生計画案判明、住信からの150億円の融資枠設定

アイフルの再生計画案判明、住信からの150億円の融資枠設定

報道によると、25日、消費者金融大手アイフルの事業再生計画案が、分かった。

債権額最大の住友信託銀行からの150億円の融資枠設定が柱。
融資資金により借入金の返済を早め、各金融機関との合意を目指す。

貸金業法改正で過払い金返還が膨らみ経営が圧迫さえているアイフル。
9月に「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」を申請し、
債権者である金融機関との協議に入っており、
12月中には計画を決定したいという。

計画では150億円までの融資枠を活用し、利益を捻出し、
これを借入金の返済原資に充てる計画、追加返済が可能になる。
11年6月上旬としていた金融機関への返済の再開時期も
10年9月末に前倒しするとしている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「青森多重債務被害等をなくす会(青森りんごの会)が設立」です。

次のニュースは「税滞納者の過払い返還提訴へ~埼玉県」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結