債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 「少額の緊急融資」制度化検討へ/改正貸金業法の円滑導入へPT

「少額の緊急融資」制度化検討へ/改正貸金業法の円滑導入へPT

報道によれば、13日、金融庁は来年6月までに改正貸金業法を完全施工するために、業界や利用者への影響を点検するプロジェクトチーム(PT)を設置すると発表した。

改正貸金業法は、完全施行で貸金業者への規制を強化し、多重債務問題の改善が目的である。
不況で個人・零細事業主の資金繰りが悪化し、貸金業者から融資を受けられない事業者が増えている。
亀井静香金融相は制度そのものの見直しや、施行延期は考えていないとしながらも、
少額の融資にも応じる態勢を作る責任が国にはあるとしている。

 PTは、多重債務者など利用者の実態、諸外国の貸金業の事情などを調査、必要な措置について来年6月まで協議する。

 個人・零細事業者は、改正貸金業法の規制強化で、行き場を失っているとされる。

 その受け皿として金融庁は、新たな「小口金融」の制度化を検討している。

 ただ多重債務者問題の再燃を懸念する日本弁護士連合会は12日、改正貸金業法の完全施行を求める声明を発表している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「政府の方針転換に期待する消費者金融業界」です。

次のニュースは「規制強化でバブル期の10分の1に 近畿の貸金業者、1千社に  」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結