債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士、資金繰り対策で、投資家に債務減額のために条件変更求める 

武富士、資金繰り対策で、投資家に債務減額のために条件変更求める 

報道によると、武富士は16日、昨年調達した資金の一部について、返済の減額や猶予につながる条件変更を投資家に求めることを決めた。

過払い利息返還や、金融危機で悪化した資金繰りを改善する狙いだ。同業のアイフルは私的整理入りしており、生き残りを懸けた動きが加速中である。

武富士の株価は、回復も見込みづらく、債務の組み替えに向け、投資家側と交渉していた。

武富士は、今回の債務の組み替えに加え、保有不動産を担保にした資金調達にも動いており、資金繰り改善にある程度メドがついたと見られる。しかし、独立系の消費者金融の経営環境は厳しく、
貸し付けをさらに絞るといった対応を迫られる可能性もある。

タグ:


ひとつ前のニュースは「厳しくなる貸金業者の資金調達」です。

次のニュースは「政府の方針転換に期待する消費者金融業界」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結