債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 厳しくなる貸金業者の資金調達

厳しくなる貸金業者の資金調達

報道によれば、貸金業者の収益環境は、貸金業法改正や過払い金返還請求により
急速に悪化している。

日本貸金業協会の調査によれば、金融機関の貸出姿勢は44%が「厳しくなる」と回答し、
今後の「借入可能金額(借入枠)」の見通しは、40%が減少すると回答している。

大手貸金業者8社の正常貸付先の中で、総量規制で融資停止などを受ける可能性のある顧客は、約半数に上ることも判明している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「債務者801人が7億円以上の過払い金返還請求で消費者金融を一斉提訴」です。

次のニュースは「武富士、資金繰り対策で、投資家に債務減額のために条件変更求める 」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結