債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 債務者801人が7億円以上の過払い金返還請求で消費者金融を一斉提訴

債務者801人が7億円以上の過払い金返還請求で消費者金融を一斉提訴

報道によれば、消費者金融など貸し金業者に法律の上限を超えて過払いした分、
いわゆる「グレーゾーン金利」に関して、債務者約800人が併せて、7億円以上の返還を求め、消費者金融大手の「アコム」など52社に対して全国で一斉提訴した。

「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」によれば、「過払い金」の返還を求めて提訴したのは、債務者801人。一斉提訴は、2004年から行われ、今回が9回目。これまでの返還請求の総額は、310億円以上にのぼる。

タグ:


ひとつ前のニュースは「収入減少のため返済が滞った事例増える~多重債務者相談県上半期まとめ」です。

次のニュースは「厳しくなる貸金業者の資金調達」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結