債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 収入減少のため返済が滞った事例増える~多重債務者相談県上半期まとめ

収入減少のため返済が滞った事例増える~多重債務者相談県上半期まとめ

報道によると、岩手県民生活センターによる、今年度上半期の多重債務者弁護士無料相談会の1相談会当たりの相談件数は3・9件で、平均負債額は約550万円、平均借入件数は5社と前年同期と比べてほぼ同数だった。

弁護士が相談者から債務整理の委任を受ける受任件数は283件と
多重債務相談の48%を占めた。うち、205件は任意整理、62件は自己破産であった、
また負債総額別の相談件数は500万円以上が24%と最も多く、
次いで200万~300万円未満が19%だった。

 借り入れ理由は生活費補てんや収入の減少が47%、
性別は男性が64%。年代別は50代が26%、40代が21%で、
職業別は給与所得者が44%、自営・自由業が13%だった。

 県民生活センターによれば、今年は会社の倒産や失業したため収入が
減少し、返済が滞った事例が目立ってきているという。


ひとつ前のニュースは「営業収益大幅減-消費者金融4社 」です。

次のニュースは「債務者801人が7億円以上の過払い金返還請求で消費者金融を一斉提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結