債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業者減少の傾向とまらず

貸金業者減少の傾向とまらず

報道によると、2009年9月末の貸金業者数は4,909社で5千社を割りこみ、業者数ピーク時の86年約4万7千社の約10分の1まで減少した。

金融庁によると、9月末の都道府県登録業者は3月末比1,230社減の4,475社となっている。

改正貸金業法施行や過払い金支払い負担増などから廃業会社が1,010社に達しており、減少に歯止めがかからない状況である。

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い利息返還が利益圧、消費者金融の9月中間軒並み減収 」です。

次のニュースは「厳しい消費者金融経営、プロミス3割超リストラへ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結