債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 負債最大で2500億円、商工ローンのロプロが更生法適用申請

負債最大で2500億円、商工ローンのロプロが更生法適用申請

報道によれば、2日、商工ローン大手のロプロ(旧日栄)が、東京地裁に会社更生法の適用を
申請した。

新社長に就任した家田氏は同日午後の記者会見で、利息制限法の上限金利を超えた「過払い金」債務を含めた負債総額が最大約2500億円を上回る可能性について言及した。
再建に向けた支援企業の選定、旧経営陣の責任問題などの整理に関する方針もしめした。
同地裁は更生法の申請を受理し、ロプロに資産の保全命令を出した。家田社長は、「過払い請求」に満額で応じられなくなったことに謝意を示し、債権者向けの説明会を11月5日に大阪、6日に東京で開くほか、問い合わせ窓口としてコールセンターを設置した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「雇用環境の悪化が影響、多重債務困窮者増加」です。

次のニュースは「SFCG破綻:資産は38億円、債務は3兆1000億円 中小企業経営者ら約2万5700人が憤り」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結