債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 雇用環境の悪化が影響、多重債務困窮者増加

雇用環境の悪化が影響、多重債務困窮者増加

報道によれば、長野県内では今年度、多重債務などで困窮した人を対象にした、民事法律扶助制度の利用が急増している。

日本司法支援センター長野地方事務所によれば、「代理援助」と呼ばれる
弁護士費用などの立て替えは、今年4月~9月の半年間で、
昨年度1年間の67パーセントに上っているという。解雇や派遣切り、賃下げなどから起因する生活苦から、多重債務に陥るケースが目立つとしている。

同制度には、無料の「法律相談」と、「書類作成援助」があるが、こちらも急増中で、この傾向が全国でもみられるという。

長野労働局によれば、人員整理の正社員への波及および、雇用環境のさらなる悪化が、個別労働紛争の増加も生んでいるという。


ひとつ前のニュースは「債権額3・1兆「SFCG」、資産は38億にとどまる」です。

次のニュースは「負債最大で2500億円、商工ローンのロプロが更生法適用申請」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結