債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融の経営悪化により、ヤミ金業者の被害拡大

消費者金融の経営悪化により、ヤミ金業者の被害拡大

報道によると、過払い金返還請求増加、上限金利引き下げによる経営不振に陥り、大手のアイフルが事業再生ADR手続きに入るなど、経営が非常に厳しくなっている消費者金融業界。

正規登録業者数5千社(09年度)は、2000年度の約6分の1と激減。

他方、違法・ヤミ金融業者による、消費者被害が拡大し、
2010年6月施行の改正貸金業法導入により、更なる被害拡大が懸念される。

事例としては、借り入れ期間を長引かせ完済を妨害する、
年利1,000%以上、10日で50%などの高金利での貸し出しなどの
悪質さが見受けられるという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アコム;今中間期の純利益91%減に引き下げ、法人税等調整額が増加、配当予想も30円の見込みから5円に引き下げ」です。

次のニュースは「アコムが安い、業績下方修正を嫌気した売りが膨らむ、9月中間純利益91%減に」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結