債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 提訴:宮崎市、金融2社を 滞納者の過払い金返還求め /宮崎

提訴:宮崎市、金融2社を 滞納者の過払い金返還求め /宮崎

毎日新聞によると
宮崎市は12日、住民税などを滞納していた40代男性が、消費者金融会社「アイフル」(本社・京都)と「プロミス」(同・東京)から法定利息を超えて支払った過払い金計58万円の返還を求める訴訟を宮崎簡裁に起こした。
元記事

==以下引用==
市は返還された利息を滞納分に充てる。同様の訴訟は県内では初めて。

 市によると、男性は04年度の住民税、軽自動車税など約56万2300円を滞納した。約10年前から利息制限法が定める年18%(10~100万円の借り入れの場合)を超える利率で借金し、返済を繰り返していた。市は「男性が払うべき利率は18%で、過払い金がある」とし、今年3月、男性に代わり、アイフルに34万、プロミスに24万円の支払いを求めたが、2社が異議を申し立てるなどしたため、男性の過払い金の返還請求権を差し押さえた上で提訴に踏み切った。

タグ:


ひとつ前のニュースは「金融庁が個人情報操作?「コード71」とは何か?」です。

次のニュースは「過払い金訴訟仙台地裁判決 弁護士費用損害該当せず」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結