債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融、過払い金の返還請求が激増!?

消費者金融、過払い金の返還請求が激増!?

ZAKZAKによると、
消費者金融業界が、来年6月までに導入される「総量規制」を前に厳しい対応を迫られている。
元記事

==以下引用==
これは、消費者金融やクレジットカード会社などからの融資額の総額を借り手の年収の3分の1以下に抑えるというもの。融資抑制で、返済困難に陥った顧客が債務を整理するため、過払い金の返還請求をするケースが増えることも予想される。各社は1年後の導入を見据えて、「苦しい準備」(大手消費者金融幹部)に着手し始めた。
改正貸金業法に基づいて総量規制が導入されると、各社の融資総額が年収の3分の1を超えている顧客には追加融資ができなくなり、3分の1以下になるまで返済だけを求めることになる。

 「年収の3分の1を超えて借りているお客さんでも、きちんと計画的に返済している人はいる。そうした優良顧客に『総量規制が導入されるので追加融資はできません』と通告しなければならない現場社員は本当につらい」。消費者金融関係者からはため息ばかりが漏れてくる。

 別の大手消費者金融幹部は「景気悪化で給与所得が減少し、個人事業主など中小・零細事業者の資金需要が高まるなか、いきなり追加融資を止めればパニックを引き起こす恐れもある」と危惧する。

 そうしたパニックを避けるため、総量規制を超えるのが確実な借り手を事前に把握し、突然、融資をストップするのではなく、規制導入に向けて段階的に融資残高を引き下げて軟着陸させる考えだ。このため、源泉徴収票など収入証明の提出を呼び掛けるなどして、今から顧客の正確な年収把握に努めている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ノンバンクは滅びるしかないのか」です。

次のニュースは「クレジット市場動向=アコムSBに売り気配、プロミスCDS高水準」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結