債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 【任意債務整理】静岡市:滞納回収、債務整理の効果ジワリ 「多重」27人、2800万円納付 /静岡

【任意債務整理】静岡市:滞納回収、債務整理の効果ジワリ 「多重」27人、2800万円納付 /静岡

毎日新聞によると、
納付が滞っている市税や国保料などの回収について静岡市は9日、債権管理対策課がつかんでいる滞納がある多重債務者215人(法人も含む)のうち27人から約2800万円の納付を受けたことを明らかにした。
元記事

==以下引用==
市は08年から、多重債務者に弁護士らを紹介して債務整理のめどをつけてもらい、市への滞納金の回収を進める取り組みに力を入れている。

 市が9日、債権管理委員会を開き、成果を報告した。市債権管理対策課によると、市税、国保料、介護保険料などの滞納総額は、08年度末までで約166億円。08年度の滞納率は経済情勢も影響し、前年度比0・03%悪化の3・06%だった。ただ、これまで年に数億円単位で増加していた滞納総額は07年度比6200万円増と、一定の歯止めがかかった。

 また「払いたくても払えない」という多重債務者に弁護士や司法書士ら専門家を紹介。「グレーゾーン金利」で利息を払いすぎている人に、消費者金融業者への過払い金返還を求め、債務整理後に市への滞納分を納付するよう求めた。

 その結果、同課が担当した回収困難だった滞納者893人のうち少なくとも215人が多重債務を抱えていたことが分かり、27人は過払い金で納付。同課のほかにも、9人の多重債務者から任意の債務整理で市税570万円の納付を受けた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「日本貸金業協会、会員減などで厳しい運営に」です。

次のニュースは「【過払い ニュース】過払い金回収し国保料納付 モデル事業効果、全国展開へ利に走る法律事務所」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結