債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 多重債務の体験発表、なまはげの会 60人参加し総会

多重債務の体験発表、なまはげの会 60人参加し総会

さきがけ on the webによると、

「秋田クレジット・サラ金・悪徳商法被害をなくす会」(会長・虻川高範弁護士、通称「秋田なまはげの会」)は20日、秋田市大町のサンパル秋田で年次総会を開いた。(元記事

==以下引用==

多重債務者や弁護士、司法書士ら会員、市民の計約60人が参加。元多重債務者の体験発表などを聞いた。

 2人が体験発表。このうち、事業の失敗や医療費、生活費の工面などで計14社の消費者金融業者から借金を重ねた女性は「途方もない金額で、夫婦の給料を返済に充てても足りず、うつ状態になった。そんなときになまはげの会を知った。相談員に教えてもらい、請求可能な過払い金があることが分かった。一人で抱えていては解決できなかった」と話した。

 同会は秋田市山王の「秋日ビル」で、毎週土曜の午後1時から4時まで多重債務についての無料相談会を行っている。
問い合わせは同会TEL018・862・2253

タグ:


ひとつ前のニュースは「貸金業ライフ破産 負債14億円 過払い金返還で」です。

次のニュースは「【書評】『できた!わたしの「過払い金」回収日記』山本クルミ・著」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結