債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業ライフ破産 負債14億円 過払い金返還で

貸金業ライフ破産 負債14億円 過払い金返還で

沖縄タイムスによると、

民間調査会社の東京商工リサーチ沖縄支店によると、消費者金融のライフ(那覇市、迫幸治代表清算人)が10日、那覇地方裁判所に破産手続き開始を申し立て、即日決定されていたことが分かった。(元記事

==以下引用==
過払い金返還訴訟に関連した資金不足が原因。負債総額は約14億円で、内訳は迫代表清算人への約11億円と、過払い訴訟人約600人への3億円。

 同社は1979年に創業。上限金利36・5%で融資していた97年3月期には売上高12億1502万円で、約7213万円の利益を計上していた。2000年の法改正で上限金利が29・2%に引き下げられたことなどから、06年3月期の売上高は5億4338万円に落ち込み、3995万円の赤字となった。

 その後もグレーゾーン金利問題で上限金利が引き下げられたために業績が悪化。過払い返還請求などで事業継続が困難として07年6月に休業、同年11月に解散した。迫代表清算人が債権を放棄し、過払い債権者への支払いに充てる方向で任意清算に向けて調整していたが、まとまらなかった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「串間市:多重債務の未納税者救済 過払い金差し押さえ、金融会社に返金交渉 /宮崎」です。

次のニュースは「多重債務の体験発表、なまはげの会 60人参加し総会」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結