債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 弁護士法違反:無資格で法律事務 3被告に有罪判決--地裁 /長崎

弁護士法違反:無資格で法律事務 3被告に有罪判決--地裁 /長崎

毎日新聞によると、
弁護士などの資格がないのに、報酬を得る目的で法律事務をしたとして弁護士法違反の罪に問われた、「ヒロ企画」元代表、長崎市丸山町、中島正弘(35)ら3被告に長崎地裁(内藤恵美子裁判官)はこのほど、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。(元記事

==以下引用==
他の被告は▽同市籠町、元同従業員、木場和子(58)▽同市本河内3、同、太田陽子(33)の2被告。

 判決によると、3被告は、実質的経営者である無職の暴力団幹部、元山勇武人(=大阪市淀川区、同法違反で既に起訴)と共謀。報酬を得る目的で、消費者金融業者などへの過払い金返還請求に関する訴状作成などの法律事務を無資格で行い、08年7月~同11月に計63万4000円を依頼者から受け取った。

 内藤裁判官は「少なくとも報酬の約半分が共謀者の暴力団幹部に渡っており、暴力団の活動を助長した点でも反社会性が強い」と指摘した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「富士ハウス破産:賠償訴訟 元社長側争う構え 弁護団、第2次提訴検討 /静岡」です。

次のニュースは「武富士:債権証券化や社債発行で1000億円調達-手元流動性を確保(3)」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結