債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 「過払い金返せ」960人が提訴 11億円、7都県で一斉に

「過払い金返せ」960人が提訴 11億円、7都県で一斉に

47NEWSによると、
利息制限法の上限を超える金利を支払ったとして、新潟、愛知など7都県の約960人が13日、消費者金融など65社に過払い分計約11億6000万円の返還を求める約1280件の訴訟や業者への任意請求を一斉に起こした
元記事

==以下引用==
 一斉返還請求は、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(東京)の呼び掛けで2004年以降毎年続き、今回が8度目。

 提訴先は各地の地裁や簡裁。アコムやアイフル、プロミスなど大手7社で請求の額・件数とも半数以上を占める。

 同協議会によると、昨年11月の第7次請求以降、訴訟や直接請求で返還を求めたのは13日の一斉請求分を含めると19都府県で計約25億6000万円に上る。

 同協議会の本多良男事務局長は「これまでの一斉請求では、請求額の9割以上が返還されている。業者は法的手続きによらず、自発的に返還するべきだ」と話している

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフル:最終利益85%減の42億円 3月期連結決算」です。

次のニュースは「プロミス・武富士 赤字転落 過払い金負担、依然高止まり」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結